オートミールの新しい魅力を発見!栄養たっぷりでおいしい絶品レシピ!

【PR】この記事には広告を含む場合があります

オートミール
スポンサーリンク

現代人の健康志向の高まりとともに、古くから愛されいている穀物の1つ「オートミール」が見直されています。

オートミールは栄養価が高く、食物繊維やたんぱく質を豊富に含む優れた食品です。

本ブログでは、オートミールの基礎知識から選び方、調理方法、アレンジレシピまでを詳しく解説します。

オートミールの魅力を存分に味わえる情報が満載ですので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

オートミールとは?オートミールの原材料「オーツ麦」について

オートミールとはどのような食品なのか?

オートミールは、調理しやすいように加工された燕麦(えんばく)を使用した食品です。

燕麦は、オーツ麦やカラス麦とも呼ばれる穀物であり、世界で最も流通量の多い穀物の1つです。

元々は馬の飼料として主に使われていましたが、1870年代にアメリカでフレーク状にする技術が開発されたことをきっかけに、オートミールが誕生しました。

燕麦(えんばく)の特徴と加工の背景

オートミール

燕麦は、堅い実を持っているためそのままで野加工は難しいですが、アメリカの技術開発によって大量生産が可能になりました。

これにより、オートミールの任期は急速に広がり、アメリカや日本などの多くの国で愛される食品になりました。

燕麦は他の穀物に比べて栄養価が高く、食物繊維やたんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

また、消化吸収がゆっくりと行われるため、腹持ちが良く、お腹がすきにくいといった特徴もあります。

オートミールの原料である燕麦は、脱穀されて調理しやすく加工されます。

ここからは、オートミールの種類と特徴について解説していきます。

オートミールの種類と特徴

オートミールには、5つの種類があります。

それぞれの特徴を見てみましょう。

スティールカットオーツ

脱穀された麦を2~3つにカットしたものです。

生では食べられませんが、加熱することで食べることが出来ます。

ロールドオーツ

脱穀された麦を蒸してからローラーで伸ばし、平べったいフレーク状にしたものです。

コウ
コウ

押し麦とも呼ばれています。

クイックオーツ

ロールドオーツを細かく砕いたものです。

粒が細かいため、生でも食べることが出来ます。

インスタントオーツ

ロールドオーツを調理加工し、味付けがされたものです、

手軽に食べることが出来ます。

これらの種類を比較すると、スティールカットオーツは生では食べられず、加熱する必要があります。

しかしその一方で、ロールドオーツやクイックオーツは生でも食べることが出来ます。

インスタントオーツは加熱ずみで味付けもされているので、気軽に食べることが出来ます。

オートミールの種類ごとに食感や加熱方法が異なるので、自分の好みや使い方に合わせて選ぶことをお勧めします。

おすすめのアレンジレシピ

オートミールはそのままでも美味しいですが、さらにアレンジを加えることでより一層楽しむことができます。

ここでは、オートミールを使ったおすすめのアレンジレシピをご紹介します。

スイーツ風オートミール

材料

  • オートミール・・・30g
  • ココア味 or チョコ味のプロテイン・・・1食分(目安として約20~25g程度)
  • 低脂肪牛乳・・・200~300ml
  • バナナ・・・1/2本
  • ココナッツフレーク・・・お好みで適量

作り方

  1. プロテインと牛乳を混ぜておきます。
  2. 耐熱容器に入れたオートミールに混ぜたプロテインと牛乳をかけます。
  3. ラップをかけて、500Wの電子レンジで2分間加熱します。
  4. カットしたバナナとココナッツフレークをトッピングして完成です。

※お好みでバナナをイチゴやベリーなどに変えたり、甘酒をかけるとより美味しくなります。</li>

オムライス風オートミール

材料

  • オートミール・・・30g
  • 水・・・60ml
  • ハム・・・1枚
  • とろけるチーズ・・・1枚
  • 卵・・・2個
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • 塩&amp;コショウ・・・適量
  • ケチャップ・・・大さじ1

作り方

  1. 耐熱容器にオートミール、水、鶏ガラスープの素、切ったハムを入れます。
  2. ラップをかけて、500Wの電子レンジで1分30秒間加熱します。
  3. 全体をよく混ぜた後、ケチャップ、塩、コショウを加えてさらによく混ぜます。
  4. お皿に平らに広げ、上にチーズと溶いた卵を乗せて、500Wの電子レンジでさらに3分間加熱します(卵が固まらなければ30秒ずつ追加)。
  5. お好みでケチャップをかけたら完成です。


※オートミールに加熱した鶏肉やウインナーなどを入れてもOKです。オムライス風の味わいが楽しめます。
※容器が熱くなるのでやけどに注意しましょう。

コウ
コウ

以上がおすすめのオートミールのアレンジレシピです。

ぜひ試してみて、オートミールをさまざまな食材と組み合わせて楽しんでみてください!

オートミールの選び方と上手な食べ方

オートミールを選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

オートミールの種類を理解する

オートミールには、

  • スティールカットオーツ
  • ロールドオーツ
  • クイックオーツ
  • インスタントオーツ

の4つの主な種類があります。

それぞれの調理方法や特徴を把握して、自分の好みや料理の用途に合った種類を選びましょう。

スティールカットオーツは、生のままでは食べられないので加熱が必要。
おかゆ(ポリッジ)にするのが一般的ですが、手間がかかるため時間に余裕が必要です。

ロールドオーツは、塩味のお粥やミルクリゾットに適しています。

クイックオーツは、牛乳やスープでお粥にするのが定番。
調理時間が短く手軽に作れます。

インスタントオーツは、そのまま食べることもできますが、冷たい牛乳や豆乳、ヨーグルトをかけるのがおすすめです。
ミューズリーやオーバーナイトオーツとしても楽しめます。

オートミールの調理方法を工夫する

オートミールは調理方法によって食感や風味が変わります。

以下は、オートミールをおいしく食べるための調理方法のアイデアです。

コウ
コウ

アレンジの参考にしてください。

ポリッジ(おかゆ)
  牛乳や水と一緒に煮込んで作るおかゆは、シンプルな味わいでおすすめです。

フルーツやはちみつ、ジャムなどをトッピングしてアレンジするのも良いでしょう。

和風だしや中華だしで煮る
  オートミールを和風だしや中華だしで煮ると、やさしい味わいのおかゆになります。
  卵や野菜を加えてアレンジすれば、ボリュームも出てお腹も満たされます。

トッピングを楽しむ

オートミールはトッピング次第で味わいが変わります。

以下は、オートミールにおすすめのトッピングのアイデアです。

バナナやイチゴ、ベリーなどのフルーツ
  カットしてトッピングすると、甘みと食感がプラスされます。

ナッツやシード類
  クランチーな食感や風味を加えることができます。
  アーモンド、くるみ、チアシード、フラックスシードなど、お好みのものを選んでトッピングしましょう。

はちみつやメープルシロップ
  甘さをプラスするのにおすすめです。
  お好みの甘さに調整してください。

自分に合った調味料を選ぶ

オートミールは素朴な味わいなので、自分の好みに合わせて調味料を選ぶことができます。

塩だけでシンプルに味付けするのも良いですし、お好みで醤油や醤油ベースのタレ、バターなどを加えてアレンジするのも楽しいです。

オートミールの選び方や調理方法、トッピングのアレンジ次第で、いろいろな味わいを楽しむことができます。

ぜひ自分の好みや料理の用途に合わせて選んでみてください。

オートミールのパワフルな栄養素を活用しながら、おいしく健康的な食事を楽しんでください。

オートミールに含まれる栄養素

オートミールにはさまざまな栄養素が含まれています。

具体的には以下のような栄養素が含まれています。

エネルギーとタンパク質

  • エネルギー: 111kcal
  • タンパク質: 4.4g

オートミールはエネルギーが少なく、タンパク質の量が豊富です。

そのため、エネルギーを抑えながら必要なタンパク質を摂取することができます。

炭水化物と糖質

  • 炭水化物: 20.58g
  • 糖質: 17.28g

オートミールは炭水化物が豊富に含まれており、エネルギー源として重要です。

糖質の量も含まれていますが、オートミールの食物繊維が血糖値の急上昇を抑える効果があります。

オートミールに含まれる食物繊維

  • 食物繊維: 3.30g
  • 水溶性食物繊維: 1.85g
  • 不溶性食物繊維: 1.45g

オートミールには豊富な食物繊維が含まれており、便秘解消や腸内環境の改善に役立ちます。

特に水溶性食物繊維のβ-グルカンは、血糖値の急上昇を抑える効果もあります。

ミネラル

  • カルシウム: 15mg
  • 鉄: 1.4mg

オートミールにはマグネシウムや鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。

特にカルシウムは玄米の約5倍も含まれており、運動している人やダイエット中の人にとって重要な栄養素です。

ビタミン

  • ビタミンB1: 0.11mg
  • ビタミンB6: 0.05mg
  • ビタミンE: 0.2mg

オートミールにはビタミンB群やビタミンEも含まれています。

これらのビタミンはエネルギー代謝をサポートし、健康な生活に必要な栄養素です。

オートミールはこれらの栄養素が含まれており、健康的な食事やダイエットに取り入れると良いでしょう。

ただし、オートミールだけを摂っていても栄養バランスが満点とは言えません。

他の食材との組み合わせやトッピングを工夫することで、よりバランスの良い食事を作ることが重要です。

まとめ

オートミールは、豊富な栄養素と食物繊維を含む優れた食材です。種類や調理方法、トッピングの工夫によって、様々な味わいを楽しむことができます。

健康的な朝食やおやつに活用するのはもちろん、オーバーナイトオーツなどの簡単レシピで手軽に栄養補給できます。

オートミールは食生活の中に取り入れやすく、バランスの良い食事作りに役立つ食品と言えるでしょう。

よくある質問

オートミールの原料はどのようなものですか?

オートミールの原料は燕麦(オーツ麦)です。

燕麦は世界で最も生産量の多い穀物の一つで、もともとは馬の飼料として使われていましたが、後に加工技術の発展により人間の食品としても利用されるようになりました。

燕麦は他の穀物に比べて栄養価が高く、食物繊維やたんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

オートミールにはどのような種類がありますか?

オートミールには、スティールカットオーツ、ロールドオーツ、クイックオーツ、インスタントオーツの4つの主な種類があります。

それぞれ調理方法や特徴が異なるため、自分の好みや用途に合わせて選ぶことをお勧めします。

スティールカットオーツは加熱が必要ですが、ロールドオーツやクイックオーツは生で食べられ、インスタントオーツは手軽に食べられます。

オートミールの選び方や食べ方のポイントは何ですか?

オートミールを選ぶ際は、各種類の特徴を理解し、自分の好みや料理の用途に合った種類を選ぶことが大切です。

調理方法を工夫したり、フルーツやナッツなどのトッピングを加えることで、さまざまな味わいを楽しめます。

また、自分に合った調味料を選んで、味付けをカスタマイズするのも良いでしょう。

オートミールにはどのような栄養素が含まれていますか?

オートミールには、エネルギーやタンパク質、炭水化物、食物繊維、ミネラル、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。

特に食物繊維のβ-グルカンは血糖値の急上昇を抑える効果があり、健康的な食事に適しています。

ただし、オートミールだけでは完全な栄養バランスとは言えないため、他の食材との組み合わせが重要です。

コメント