【完全初心者向け】 自重トレーニング を始める前に準備したいアイテム│3つで十分!

【PR】この記事には広告を含む場合があります

筋トレ
スポンサーリンク

「 自重トレーニング を始めたい」という人向け。

本記事では、「ストレスのない自重トレーニングに必要な器具」についてまとめました。家での筋トレを始めたい人や現在やっている人は、ぜひご覧ください。

記事を書いている僕は、自宅トレ歴1年半ほど。現在は、3つの器具を使ってトレーニングを行っています。

この記事を読むことで、「自重とはどんなトレーニングなのか。最低限の必要なもの。初めにどれくらいお金がかかるのか。」がイメージできるようになると思います。

「家の中で運動不足を何とかしたい、、、」と思っていた僕を助けてくれたのが、室内でできる自重トレーニングでした。現在は、運動不足どころか、プールに行けば「ええ感じに筋肉あるやん。」と褒められます。

自重トレーニングで筋肉質になった僕が、本記事を書いていきます。

それでは解説していきます。

スポンサーリンク

自重トレーニング とは?

自重トレーニングって何??

自重トレーニングとは、自分の体重を使って体を鍛えるトレーニングのことです。

有名なのは、上体お越しや腕立て伏せ、スクワットです。学校でやった体力テストを思い出すと、イメージしやすいと思います。

自重トレーニング に必要な道具は?

結論から言うと、軽いトレーニングやちょっとした運動が目的の人なら、道具は必要ありません。

しかし、自重で「かっこいい体」を作りたいなら話が変わります。理由は次の2つ。

  • 道具を使わないと、トレーニング時間が増える。
  • 体重だけで筋肉をつけるには、やり方に工夫が必要。

「理想の体」を作るには、道具の力を借りるのが1番です。知識のない初心者の人でも、簡単に筋肉を大きくすることが出来ます。

それに、道具を使ってトレーニング時間を短縮することで、続きやすくもなると思います。

ここからは、効率的に自宅トレーニングができるものを3つ紹介していきます。

自重トレーニング に必要なもの

自重トレーニング

自宅トレーニングで準備したいのは、次の3つ。

  • ヨガマット
  • ダンベル
  • アブローラー

まとめて解説すると分かりにくくなると思うので、1つずつ解説していきます。

ヨガマット

ヨガマットは、1番おすすめのアイテムです。理由は次の通り。

すべてのトレーニングに使える

腹筋や胸、脚を鍛えるときなど、すべてのトレーニングで活躍してくれます。

ヨガマットを敷くことで、腰や手首が痛くなるということを防ぐことが出来ます。「腹筋をやったら腰が痛くなる。」「腕立てをすると手首が痛い。」「脚トレのジャンプ音が気になる。」といった悩みを解決できます。

快適な自重トレーニングをしたい人には、体を痛めにくくしてくれるヨガマットが1番おすすめです。

ダンベル

ダンベルは、たった1つで全身の筋肉を鍛えることが出来ます。例えば、次の通り。

  1. 胸   (大胸筋)
  2. 腕   (腕の裏や力こぶ など)
  3. 肩   (僧帽筋 など)
  4. 背中  (広背筋 など)
  5. 脚   (太ももやふくらはぎ など)

ちょっとの工夫で、かなりの筋肉を鍛えることが出来ます。もしでたらめに使ったといしても、筋肉はそこそこつきます。

「背中を鍛えて姿勢をよくしたい」「かっこいい力こぶが欲しい」「運動部みたいな引き締まった足にしたい」という人には、ダンベルをおすすめします。

【筋トレ 初心者向け】おすすめのダンベルは可変式?固定式?│必要な重量は?

ダンベル

どれを買えばいいのか分からない。可変式と固定式って何?。重さはどれくらいあった方がいいの?。本記事では「今、自分が1から筋トレをするならこのダンバルを買う!」という内容で書き進めていきます。初心者の方に近い感覚でダンベルを紹介できていると思います。

アブローラー

アブローラーは、腹筋を重点的に鍛えるためのアイテムです。腕や肩にも効かせれますが、ダンベルを使った方が効きます。

しかし、腹筋だけは恐ろしいほど鍛えることが出来ます。

「シックスパックを目指すんだ!」という人には、アブローラーを試してほしいです。1か月もすると、人からほめられる腹筋を手に入れられると思います。

アブローラーおすすめ│筋トレ初心者は一輪と二輪のアブローラー、どっちを買うべき?

腹筋

「アブローラーはどのタイプを買えばいいの?」といった悩みがあると思います。本記事ではこういった悩みを解決します。今回は、一輪のアブローラー・二輪のアブローラーの特徴と初心者におすすめのアブローラーを解説してきます。シックスパックを目指しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

自重トレーニング であったらいいもの

出来ればほしいもの

筋トレのモチベーションを保つためにあったら良いものは、次の2つ。

  • プロテイン

それでは解説していきます。

プロテイン

プロテインとは、タンパク質が大量に含まれているサプリメントのことです。そのため、普段から食事の管理をして、十分なたんぱく質が摂れている人には、必要ありません。

ただ、特に栄養を気にしていない人はタンパク質が不足しやすいので、プロテインを試してほしいです。足りていないタンパク質を補うと、頑張った分だけ筋肉を大きくすることが出来ます。

人によっては、筋肉のつくスピードが大きく変わるかもしれません。「なかなか筋肉がつかない」という人は1度、試してみてください。

【マイプロテイン】Impact ホエイプロテインの美味しい味3選!初心者でも飲みやすい!

プロテイン

おいしくないプロテインは嫌。お金を無駄にしたくない。種類が多すぎて、どれを選べばいいのか分からない。といった悩みがあると思います。本記事では、マイプロテインのImpact ホエイプロテインでおいしい味を3つ紹介しています。

鏡は、体の変化を確認してモチベーションを保つために使えます。

筋トレのやる気を保つためには、1か月おきくらいに、人からどれくらい体が変わったか教えてもらうのが理想です。

しかし、実際のところ、難しいと思います。

なので、自分で自分の体の変化を確認することが、モチベーションを保つうえで重要になります。「昔の自分とのギャップ」を知ると、本当にやる気が出るので。

筋トレを始める前に写真を撮っておいて、一か月後に比べてみる。なんてことをしたら面白いと思います。

最低、どれくらいの大きさがあればいい?

結論を言うと、全身が写るようならなんでも大丈夫です。脱衣所に全身が写る鏡があるならそれで十分です。無理に買う必要はありません。

ただ、家にそんな大きい鏡は無いという人は、ちょっと大きめのサイズを部屋に置くのがいいと思います。

サイズは、幅 27㎝・高さ 150㎝もあれば十分です。

背の高い人や体の大きい人は、もうちょっと大きい方がいいかもしれません。普通の人は、上記のサイズで大丈夫です。

まとめ

自重トレーニングで必要な道具は、次の3つ。

  • ヨガマット
  • ダンベル
  • アブローラー

この3つがあると、ストレスなく全身を鍛えることが出来るます。

そして、できればあった方がいいものが2つ。以下の通り。

  • プロテイン

この2つがあると、モチベーションを保ちやすくなると思います。「体の変化を感じれなくて嫌になる」という人に、試してほしいです。

コメント